ファイザーから発売された「フィナステリド錠」のジェネリック医薬品

ファイザーの男性型脱毛症(AGA)治療薬「フィナステリド錠」は、ファイザー株式会社が製造販売承認を得た「フィナステリド錠0.2㎎/1㎎「ファイザー」」であり、日本国内においての男性型脱毛症(AGA)の治療薬となるフィナステリドは先発品が2005年12月に発売されている医薬品の後発医薬品になります。

 

 

後発医薬品は別名ジェネリック医薬品と呼ばれるもので、先発品の特許などを買取り、製造販売を行っている事や、製造技術、成分などが同一であること、そして医薬品の開発コストなどをかける事無く製造販売を行えるため、先発医薬品よりも安く手に入れる事が出来ると言うメリットを持ちます。

 

 

また、近年男性型脱毛症(AGA)の薄毛に悩む男性の数は増加傾向にあると言われており、「フィナステリド錠0.2㎎/1㎎「ファイザー」」を発売すると言う事は、男性型脱毛症(AGA)などの薄毛の悩みを持つ男性患者のQOLの向上に繋げる事が出来るのです。男性型脱毛症(AGA)と言うのは別名AGAと呼ばれる薄毛ですが、AGAはテレビのコマーシャルなどでも有名になっている薄毛です。

 
この薄毛の治療はお医者さんでも可能と言う宣伝が行われているわけですが、病院での診察や医薬品の処方などにおける費用は保険適用外であることからも治療費の負担は全額自己負担と言う形になり、後発医薬品の登場により、経済的な負担を軽減できるなどの理由からもQOLの向上に繋げる事が出来るのです。尚、男性型脱毛症(AGA)はどのようにして薄毛を引き起こすのかご存知でしょうか。

 
男性型脱毛症(AGA)は遺伝子に大きく関与していると言われており、遺伝子による男性ホルモンの乱れから生じる薄毛であり、男性ホルモンが5α-還元酵素と結びつくことで別の男性ホルモンとなるDHTに変換されてしまい、DHTがヘアサイクルを乱すことで脱毛症が生じると言われているのです。また、5α-還元酵素Ⅱ阻害剤として有名なのがプロペシアになるわけですが、このプロペシアの後発医薬品として「フィナステリド錠0.2㎎/1㎎「ファイザー」」が登場したのです。

 
尚、ジェネリック医薬品のメリットは先発医薬品と比較をすると低価格でありながらも、先発医薬品と同等の成分、そして同等の効果を期待できるとしており、これらメリットからも男性型脱毛症(AGA)に悩む人々の経済的な負担を軽減すると同時に治療効果も変わらずに治療を受ける事が出来るなどのメリットに繋がるのです。

 

 

また、プロペシアは医師の処方が必要な医薬品になりますので、病院での治療を受けた時に医師からの処方により、薬が提供されることになりますが、ジェネリック医薬品については通販サイトなどでも購入が出来る事や、低価格で購入が出来るなどのメリットも有ります。

 

 

但し、注意をしなければならない事は医薬品であるため副作用が起きるリスクが在ると言う事で、プロペシアは男性型脱毛症(AGA)の治療としてのみ効果を持つものであること、男性型脱毛症(AGA)の原因を作り出す5α-還元酵素II型阻害剤であること、そして男性機能の低下などの副作用が有ることなどからも専門医による遺伝子検査を受けるなどして、男性型脱毛症(AGA)と言う薄毛の症状であることを特定した上で利用しなければ効果も期待できませんし、万が一の副作用の時の不安も出て来ることになるのです。

 

 

低価格で購入が出来るだけで利用する事で恐ろしい副作用に見舞われるリスクが在るため、ジェネリック医薬品を利用する時は薬剤師や専門医などに相談をすることや、何らかの異常を感じた場合は専門医の診察を受ける準備などをしておくことは大切です。これにより、経済的な負担を軽減した上で、治療効果を持つジェネリック医薬品を使う事が可能になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です