男性型脱毛症(AGA)治療の市販薬に期待できる効果

男性の薄毛の大部分は、成長ホルモンのテストステロンが分泌される思春期以降に徐々に進行する男性型脱毛症(AGA)であると考えられており、現在では症状の進行を防止したり改善する効果が期待できる治療薬が開発されているので、専門クリニック等でも購入する事が出来ます。

 
その中で、皮膚科学の専門社団法人である日本皮膚科学会が作成した男性型脱毛症(AGA)の診療ガイドラインにおいて、最も高い評価である推奨ランクAに指定されているのが、finasteride内服薬とミノキシジル外用薬の2種類の成分です。finasteride内服薬はプロペシアという商品名で飲む育毛剤として知られているもので、男性型脱毛症(AGA)を進行させる根本的な原因物質であるDHTの生産を抑制するために、これに関与している5α還元酵素の活性を阻害するという内容です。もう一方のミノキシジル外用薬は、アメリカで開発されたロゲインを元祖として20年以上世界中で利用されており、多くの薄毛を改善したという確かな結果が報告されている発毛効果が高い治療薬です。

 

 

日本国内で製造されている男性型脱毛症(AGA)治療の市販薬であるミノキシジル外用薬は、大正製薬が提供しているOTC医薬品リアップのみで、それ以外は効果無い商品と考えられています。ミノキシジルは、血管拡張剤としてアメリカで1960年代に開発された成分であり、当初は経口薬として使用されていたのですが、脱毛症の改善効果が確認された事で外用薬としても利用されるようになり、具体的には頭髪の生産に関与している毛乳頭細胞と毛母細胞を活性化する作用があると考えられています。

 

 

男性型脱毛症(AGA)は、DHTが毛乳頭細胞のレセプターと結合する事で毛母細胞の増殖を抑制する因子を誘導してしまい、通常であれば3年から5年程度継続する成長期が半年程度にまで短縮される事により、頭髪が十分に成長する前の段階で抜け落ちてしまうという症状で、日本人の場合は、20歳代の後半から30歳代にかけて発症するのが一般的と考えられており、40歳以降に生え際が後退して頭頂部の頭髪が全てなくなってしまう状態にまで進行してしまいます。ミノキシジル外用薬を使用する事により、成長が抑制されている毛乳頭細胞を活性化する事により育毛を実現させるという内容ですが、これだけでは十分に効果が発揮されない可能性があるのは、ミノキシジルにはDHTの生産を抑止する様な成分は配合されていないからです。

 

 

この為に、男性型脱毛症(AGA)の症状の防止と改善を実現するためには、ロゲインやリアップ等のミノキシジル外用薬と共にfinasteride内服薬であるプロペシアの併用が有効となります。脱毛の原因である毛周期の狂いを正常な状態に回復させる事により、半年程度で抜けていた頭髪が再び3年から5年間成長するので、男性型脱毛症(AGA)が発症する前の状態に戻すと同時に、ロゲインやリアップを使用する事により、脱毛症の進行を防止しながらの育毛が可能となるので、より効率的な脱毛症治療を実現させる結果へとつながる事になります。

 

 

これは、成長を阻害する因子の誘導を抑制する事共に、毛乳頭細胞と毛母細胞の両方の活動を促進するからであり、脱毛の防止と発毛の活性化を同時に実行する事が可能となる事による結果です。この内服と外用の併用による薄毛改善の症例は、一般利用者のブログなどで多数報告されており、かなり進行してしまった薄毛が短期間で正常なヘアスタイルにまで回復させた成功例も少なくはありません。この日本皮膚科学会により最高の評価を受けている2種類の男性型脱毛症(AGA)の治療薬は、アプローチする部分が異なっているので、それぞれの作用が阻害される事はなく、副作用が増幅される様な危険もありません。

男性型脱毛症(AGA)の原因とは?徹底解説

「男性型脱毛症(AGA)」とは、思春期以降の男性に生じ、前頭部の髪の毛の生え際が後退したり、頭頂部の髪の毛の量が減って地肌が露出しやすくなる症状を言います。では、男性型脱毛症(AGA)の原因とはいったい何なのでしょうか?

 

 

大きくは、「遺伝的・環境的要素」が挙げられますが、まず、「遺伝的要素」とは、よく言われる「ハゲの遺伝子」のことで、「母方の祖父がハゲていると、ハゲになりやすい」とは巷間言われていることですが、その原因となる遺伝子の詳細は、まだ科学的に明らかにされておらず、今後の研究の進展が俟たれるところです。

 
また、「男性ホルモンの過剰分泌」による影響も大きいとされていますが、これは、男性ホルモンの過剰な働きによって、ヘアサイクル(髪の毛が伸びては抜け、また新しく生えることの繰り返しのこと)が乱れて、髪の毛の成長期が短いまま終了してしまうことによって、抜け毛が増え、太くて長い毛髪が減り、細くて短い毛髪ばかりになってしまうことを指します。

 

 

一方、「環境的要素」とは、生活習慣・生活環境などによるもので、代表的なものとしては、たとえば「食生活の偏り」がそれにあたり、暴飲暴食が良くないのはもちろんのこと、無理なダイエットなどによる栄養不足も禁物です。偏った食生活が続くと、髪の毛が育つための頭皮の条件が整わないためで、特に、働き盛りの男性が好んで取りがちな「高カロリー・高脂質」の食生活は、髪の毛にとっても「最悪の条件」と言えるのではないでしょうか?体の中に余分な脂肪を行きわたらせ、溜め込ませてしまうことによって、血液を、血のめぐりの損なわれた、いわゆる「ドロドロ血」へと変えてしまい、髪の毛を作るための毛母細胞に栄養が行きわたらなくさせてしまうためです。

 
また、「睡眠不足」も良くなく、なぜならば、睡眠時間が足りないと、髪の毛を丈夫に育てるために必要な成長ホルモン(これは深い眠りに落ちないと分泌されないのです)がしっかり分泌されず、不足してしまうことが理由です。そのほか、現代社会に生きる人々にとってはなかなか避けがたいことではありますが、仕事上や生活上のさまざまなストレスも、髪の毛にとって良くなく、なぜなら、ストレスによって自律神経が緊張し、毛細血管が収縮し、血行が悪化し、毛髪へ栄養が行きわたらなくなるためです。

 
また、「姿勢の悪さ」も髪の毛に悪影響を及ぼします。職場でパソコンワークに従事する作業が大半だ、という勤め人の方は少なくないと思いますが、長時間同じ姿勢で居続ければ、首・肩・腰が固定されたままとなり、その部分の血流が悪くなり、首・肩・腰の血流が悪くなれば、その結果、頭皮への血のめぐりも悪くなり、髪の毛を育てるための栄養分も行きわたらない、という仕組みで、一見頭皮とは関係なさそうな首・肩・腰にも、注意が必要なのです。

 
これら「環境的要素」とは、ふだんの生活のあらゆる局面に原因がある、と解釈できることがおわかりいただけるかと思います。逆に言えば、「正しい生活習慣」を身につければ、それこそが、髪の毛にとって良い習慣になる、とも言え、食生活においては、タンパク質(魚・肉・卵・大豆)、カルシウム(牛乳・乳製品・海藻)、カロテン(緑黄色野菜)、ビタミンC(淡色野菜・果物)、糖質(米・パン・麺・いも類・砂糖)、脂質(油脂類)の6つの食品群から、バランスよく食材を選び取ることが必要です。特に現代人は、糖質・脂質の摂り過ぎに注意しなくてはなりませんし、過度の飲食も控えましょう。

 
そして、ストレスの多い現代社会ですが、ストレスを溜め込まず、充分な睡眠を確保しましょう。遺伝についてあなたのできることは少ないかも知れませんが、生活習慣は変えられますから、まずは生活習慣を変えることから始めてみるのはいかがでしょうか?

男性型脱毛症(AGA)発症のメカニズム

言うまでもなく、頭髪は自分の外見を決定付ける重要なものであり、多くの男性にとって薄毛の発症は大きな精神的ダメージを被ることは言うまでもありません。ただし、この症状は適切な処置を施すことによって改善効果も見られることから、まずはその原因をつぶさに特定していかなければならず、それが頭皮環境の悪化によるものなのか、それとも血行不良によるものなのか、あるいは最近注目が集まっている男性型脱毛症(AGA)という病気によるものなのかを見分けることはとても大切ですし、もしも男性型脱毛症(AGA)であれば病院機関などを利用して適切な専門治療を行う必要性が生じてきます。

 

 

そもそも男性ホルモンが過剰な働きをすることで頭髪の成長を妨げる物質を作り出す病気と言われる男性型脱毛症(AGA)ですが、この男性型脱毛症(AGA)発症のメカニズムを詳しく見ていくと、さらに細かな酵素や細胞レベルの作用の仕組みが分かってきます。まずは男性ホルモンの中のテストステロンという物質が頭皮のあたりにある5α-還元酵素(1型)と5α-還元酵素(2型)という特殊な酵素と触れ合うことで反応するとDHTという物質が作り出されることになり、これが頭髪の成長を妨げる大きな要因となります。DHTが作り出されるとそれは毛乳頭細胞にあるアンドロゲン受容体という部分が反応してすぐに毛乳頭細胞の働きに支障をきたすようになり、成長サイクルの真っ只中にある元気な頭髪の毛周期を狂わせるような状態を作り出してしまうわけです。

 

 

もともとここで原因と成るDHTという物質は、人間の胎児期に重要な働きをするものとして知られ、人間の外性器が正常に分化していくための役割を果たすのですが、その後は思春期以降になると男性型脱毛症(AGA)のような頭髪の成長を阻害するような状況を生み出していくことになります。この病気が進行すると、頭髪が細くて短い毛質へと変わっていき、毛包そのものもまたミニチュア化してしまい、全体的に頭髪の成長を支えきらない状態ができあがっていき、これが進行することで薄毛は少しずつ加速して、やがて頭皮が透けて見える状態となり、さらに額の両サイドや頭頂部といった男性ホルモンの影響を受けやすい部位を中心として、頭皮が剥き出しとなって禿げていく傾向にあります。

 

 

病院における男性型脱毛症(AGA)の専門治療ではまず医師の診察によって触診や問診などが執り行われ、その後の詳しいカウンセリングなどで治療法について説明が行われていきます。ここで採用されるのは専門の治療薬による処置であり、飲み薬と塗り薬を処方することでその改善効果をみていくことになります。

 

 

まず飲み薬ではフィナステリドという有効成分を配合したプロペシアという飲み薬を用いるのが一般的であり、これを一日一錠飲み続けると、フィナステリドが5α-還元酵素(2型)の動きを抑制してくれて、それによってテストステロンとの反応によってDHTが作り出されるのを抑えることが可能となり、そうなるとアンドロゲン受容体の作用も少なくなって毛乳頭細胞が作用されるのも最小限に抑えられるようになるのです。ただし、このフィナステリドには性欲減退や勃起不全などの副作用をもたらすケースもありますので注意が必要です。

 

 

さらに塗り薬としてはミノキシジルという有効成分を配合した薬品が知られており、これを用いると頭皮の毛細血管が拡張されてより多くの血流がもたらされることとなり、血行不良によって頭髪の成長に必要な栄養分がなかなか得られなかった状態を大きく改善することができるようになります。ただし、このミノキシジルにも副作用が認められており、たとえば初期脱毛の症状が起こるケースがあったり、肌が荒れたり、ニキビが出来るなどの症状が出る可能性があるほか、低血圧症の人が使用すると血圧が下がり過ぎて心臓や血管に影響を及ぼす可能性があるので注意が必要です。

男性型脱毛症(AGA)の進行パターンについて

AGAとは「男性型脱毛症(AGA)」の意味で、成人男性によく見られる髪の毛が薄くなってくる状態の事を言い、早い人では思春期以降から始まり、額の生え際や頭頂部の髪が薄くなってきますが、どちらか一方が薄くなるか両方薄くなってくるかはその人によって違います。

 

 

男性型脱毛症(AGA)の進行パターンは大きく分けて「頭頂部」から薄くなっていくタイプ、「額の生え際」から後退してくるタイプ、「前頭部」から後退していくタイプの3つがあり、この他に同時に薄くなっていく混合タイプがあります。有名な分類方法として「ハミルトン・ノーウッド分類」という分類の方法もあり、これはアメリカのハミルトン医師が男性型脱毛の進行パターンを7つのステージに分類したもので、大きく分類すると前頭部生え際が後退するM型、頭頂部から脱毛していくO型の分けられどちらか一方、もしくは両方同時に進行してゆき、私たち日本人に一番多くみられるのは、頭頂部がメインで薄くなっていく「VERTEXⅡ型」と呼ばれるものです。

 

 

脱毛の段階も進行具合によって分類されており、「第一段階」~「第3段階」に分類され各段階の中でも、さらに細かく「レベル1」~「レベル7」まで分けられ、「レベル1」は脱毛が始まっていないか、始まっていても気が付かない程度ですが、「レベル3」になると生え際から徐々に進行が目立ち、頭髪全体にボリュームもなくなった状態、最終的な「レベル7」は全体的に進行してしまった状態を言います。この進行具合によって実は、「進行に合わせた治療」というものが必要で、「第1段階」では育毛シャンプーや育毛剤、AGA治療薬などで対応し、発毛を促進しますが、「第3段階」になると毛母細胞が死んでしまっている部分が多く、発毛の期待は薄くなってしまいます。

 

 

植毛かかつらを進められることが多いと思います。この進行パターン・段階を見るとわかりますが、AGAの治療を行うには、ハミルトン・ノーウッド分類の「レベル3」位までは毛母細胞がまだ生きている可能性が高いためAGA治療の効果が出やすく逆に「レベル5」以上になってしまうと治療によって生える可能性はあるが、見た目に治ったと言えるまでの効果は難しくなってしまいます。

 
男性の多くの人が悩んでいるAGAによる薄毛の原因はいまだ特定されておらず遺伝や男性ホルモンによるものという説が有力ですが、血行や生活習慣・ストレスによるものではないかという意見もあります。AGAによる脱毛部位にはDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が高濃度に見られ、このDHTはヘヤサイクルの成長期を短くしてしまうといった恐ろしい物質です。

 

 

成長期が短くなってしまうという事は髪の毛が太く、長く成長する前に退行期という髪の太くするための毛球の退縮が始まる状態に移行してしまい、結果として細くて弱弱しい髪が増え抜け毛が増えるだけではなく全体的なボリュームダウンにつながってしまいます。通常、正常の場合は、髪の成長期は2~6年といわれていますが、AGAの場合この成長期が数か月~1年とたいへん短く、この髪の太さというものはとても重要で同じ本数でも髪の毛が細いのと太いのでは見た目が全く違うのです。

 
実はこのほかにAGAではないのですが、「円形脱毛症」と呼ばれるものもあり、よく耳にするかと思いますが、脱毛原因・メカニズムはAGAと全く異なるので、円形脱毛症の場合は医師の診断のもと治療していく事が大切です。脱毛に悩んでいる人は多いですが、恥ずかしいから、まだ大丈夫だからという理由で治療を行っていない人も多いですが、ハミルトン・ノーウッド分類や進行段階から考えると、AGA治療は症状が軽い段階でに早めに行うのが重要です。

女性男性型脱毛症「FAGA」とは

女性男性型脱毛症「FAGA」とはどのような症状を持つのかと言いますと、FAGAと言うのは簡単に言えばAGAの女性版の薄毛になりますが、AGAは男性型脱毛症(AGA)で、男性に多く見られる薄毛のことを意味しており、遺伝子の影響を受ける事で体内酵素となる5α-還元酵素と男性ホルモンの一種となるテストステロンが結びつくと、これがDHTと言う男性ホルモンに変換されてしまい、DHTがヘアサイクルを乱すことで成長期の毛髪が短期化で休止期などに移行してしまい、抜け毛が多発する事になる薄毛です。

 

 

 

また、女性男性型脱毛症(AGA)「FAGA」とは、びまん性脱毛症とも呼ばれる薄毛であり、女性の体内にも男性ホルモンは存在しているため、ヘアサイクルを乱すなどの理由で薄毛の症状を引き起こすのですが、女性の体内には多くの女性ホルモンが分泌されているため、男性のように全ての毛が抜けてしまうと言う進行性はなく、薄い状態が残るのが特徴です。

 

 

 

男性型脱毛症(AGA)は専門クリニックなどで遺伝子検査を行い、男性型脱毛症(AGA)と言う症状であるか否かを検査を行い、男性型脱毛症(AGA)と言う診断が下された場合に限り、プロペシアと呼ばれる医薬品を利用して治療を進めるのが特徴で、プロペシアはフィナステリドと呼ばれる医薬品が主成分になっているもので、前立腺肥大症などの治療に利用される成分です。

 

 

 

また、プロペシアは5α-還元酵素阻害薬として処方される医薬品であり、プロペシアを服用する事で5α-還元酵素とテストステロンが結びつき難くなりますので、これによりDHTに変換されることを防止出来、その結果ヘアサイクルを正常化へと導き発毛を促進させることが可能になるのです。

しかし、フィナステリドは男性が利用した場合に、勃起不全や精子量が少なくなるなどの副作用が起きる可能性があると言われていますし、女性は服用する事で恐ろしい副作用が起きる事からもFAGAでもある、びまん性脱毛症の治療には利用できません。

 

 
また、男の子がお腹の中にいる妊婦さんなどが、フィナステリドの成分に触れるだけでも胎児に悪影響を与え、男性機能が低下した状態で産まれてしまうとも言われており、妊婦さんに関しては触れる事も恐ろしい副作用が起きる事からも注意が必要だと言われているのです。女性の場合は、男性とは異なりプロペシアなどの医薬品を利用して治療を受ける事が出来ませんが、最近はHARG療法と呼ばれる薄毛の治療を利用する事で副作用などの不安も無く治療を受ける事が可能になっていますし、女性用の育毛剤を利用する事で頭皮環境を整えてくれて、育毛効果に期待が出来るものも増えています。

 

 

但し、育毛剤は長く使う事や個人差により育毛効果には違いが起きるのが特徴ですので、幾つかの育毛剤を試してみる事が治療の効果を高めるコツと言えます。尚、HARG療法と言うのは男性型脱毛症(AGA)(AGA)、女性のびまん性脱毛症(FAGA)など薄毛の種類に関係なく治療効果を高められると言いますし、副作用が起き難いため、薄毛で悩む人にとって安心出来る治療法でもあり、HARG療法は注目されている治療の一つでもあるのです。

 

 

頭皮に直接HARGカクテルを注入するという治療法になるのですが、このHARGカクテルには発毛促進に役立てられる様々な成分が含まれている事、成長因子により発毛を促せる効果を持つ成分が含まれていること、髪の毛を育てるために必要な各種ビタミン、ミネラル成分などが豊富に含まれているなどの理由からも発毛の確率が高くなると言われているのです。尚、このHARGカクテルと言うのは医薬品のように1つだけではなく、専門医による配合などが行われ、薄毛に悩む患者さんの状態や身体の調子などに応じて配合が行われるのが特徴なのです。

男性型脱毛症(AGA)の遺伝子検査について

男性型脱毛症はAGAとも呼ばれ、主に思春期以降の男性に起こる、前頭部の髪の生え際が後退したり、頭頂部の髪のボリュームが低下したりする薄毛症状のことで、女性で発症した場合は、女性男性型脱毛症(AGA)・FAGAと呼ばれていて、男性のパターンとは異なり、生え際のラインは変わらずに頭頂部・前頭部を中心に頭部全体の毛髪が細くなることが多く、完全な禿髪になることは稀です。男性型脱毛症(AGA)の年代別の発症頻度は、20代で約10%、30代で20%、40代で30%、50代以降で40数%と年齢とともに高くなっています。

 

 

 

AGAリスク要因は、現在のところ明確には分かっていませんが、遺伝的要因と環境的要因があると指摘されており、中でも男性ホルモン受容体の遺伝子変異とジヒドロテストステロンの合成量の2つの遺伝的要因と、生活習慣などの環境要因が大きく関係していると言われています。母親から遺伝するX染色体上にある、男性ホルモン受容体遺伝子の遺伝的多型は脱毛に関連していますし、また常染色体の3q26や20p11上にも男性型脱毛症(AGA)につながる疾患関連遺伝子が存在していることが知られています。

 

 

 

男性ホルモン受容体はさまざまな男性ホルモンと結合して、毛髪の成長を促進しますが、その遺伝子変異によって男性ホルモンとの結合しやすさが変化し、毛髪の成長レベルが変化して、男性型脱毛症(AGA)の原因となっていきます。また、5α−還元酵素によって男性ホルモンの一つである、テストステロンからジヒドロテストステロンが作られると、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合して、ヘアサイクルを乱し、成長期を終了させてしまいます。5α−還元酵素には、1型と2型があり、1型は頭皮の皮脂分泌に関連し、2型は毛髪の成長に関連していて、2型5α−還元酵素によって作られるジヒドロテストステロンは、他の男性ホルモンに比べて薄毛症状を引き起こす力が10倍以上あると言われており、そのため、毛髪が太く、長い毛に成長する前に抜けてしまい、十分に成長しない細く短い毛髪が多くなって薄毛症状になってしまいます。

 

 

 

DNAは、アデニン(A)・チミン(T)・グアニン(G)・シトシン(C)の4つの分子の組み合わせで構成されていますが、そのうちシトシン・アデニン・グアニンの繰り返し配列をcagリピートといい、これはさまざまな病気の原因となっている特徴的な遺伝子配列で、男性型脱毛症(AGA)の遺伝子検査を行った場合も、男性ホルモン受容体遺伝子のDNA配列内にあるcagリピートの数を判定します。cagリピート数とggcリピート数の合計が38より小さいと、テストステロンが毛乳頭へ入り込みやすく、脱毛リスクが高いこと、cagリピート数単独で24以下であるとジヒドロテストステロンの影響を受けやすい体質で、男性型脱毛症(AGA)治療薬のフィナステリドの効果が期待できるとされています。若年性脱毛症の可能性があるか否か、また育毛剤の成分を使った場合に効果があるか否かも判断し、この結果をもとに、どの様な種類の脱毛症なのかを解釈し、現在認可されているフィナステリドやミノキシジルなど、自分の男性型脱毛症(AGA)治療に適した薬を使用したり、その他にすべき予防策や治療法があれば教えてもらう事ができる可能性があります。

 

 

 

また、髪も体の一部なので、不規則な生活をすると弱ってしまいますし、暴飲暴食、アルコール摂取など、食生活が偏ったり、睡眠時間が少なかったり、喫煙していたり、ストレスが大きいと、代謝や血行が悪くなり、充分な栄養を毛根に届けることが出来ません。それが原因で、男性型脱毛症(AGA)が原因による薄毛の進行を早めたり、ホルモンバランスの乱れを引き起こして、男性型脱毛症(AGA)の進行に影響すると考えられます。規則正しい生活リズムを保つこと、栄養バランスの取れた食事をすること、適度な運動と十分な睡眠という、健康的な生活が髪にも重要です。