女性男性型脱毛症「FAGA」とは

女性男性型脱毛症「FAGA」とはどのような症状を持つのかと言いますと、FAGAと言うのは簡単に言えばAGAの女性版の薄毛になりますが、AGAは男性型脱毛症(AGA)で、男性に多く見られる薄毛のことを意味しており、遺伝子の影響を受ける事で体内酵素となる5α-還元酵素と男性ホルモンの一種となるテストステロンが結びつくと、これがDHTと言う男性ホルモンに変換されてしまい、DHTがヘアサイクルを乱すことで成長期の毛髪が短期化で休止期などに移行してしまい、抜け毛が多発する事になる薄毛です。

 

 

 

また、女性男性型脱毛症(AGA)「FAGA」とは、びまん性脱毛症とも呼ばれる薄毛であり、女性の体内にも男性ホルモンは存在しているため、ヘアサイクルを乱すなどの理由で薄毛の症状を引き起こすのですが、女性の体内には多くの女性ホルモンが分泌されているため、男性のように全ての毛が抜けてしまうと言う進行性はなく、薄い状態が残るのが特徴です。

 

 

 

男性型脱毛症(AGA)は専門クリニックなどで遺伝子検査を行い、男性型脱毛症(AGA)と言う症状であるか否かを検査を行い、男性型脱毛症(AGA)と言う診断が下された場合に限り、プロペシアと呼ばれる医薬品を利用して治療を進めるのが特徴で、プロペシアはフィナステリドと呼ばれる医薬品が主成分になっているもので、前立腺肥大症などの治療に利用される成分です。

 

 

 

また、プロペシアは5α-還元酵素阻害薬として処方される医薬品であり、プロペシアを服用する事で5α-還元酵素とテストステロンが結びつき難くなりますので、これによりDHTに変換されることを防止出来、その結果ヘアサイクルを正常化へと導き発毛を促進させることが可能になるのです。

しかし、フィナステリドは男性が利用した場合に、勃起不全や精子量が少なくなるなどの副作用が起きる可能性があると言われていますし、女性は服用する事で恐ろしい副作用が起きる事からもFAGAでもある、びまん性脱毛症の治療には利用できません。

 

 
また、男の子がお腹の中にいる妊婦さんなどが、フィナステリドの成分に触れるだけでも胎児に悪影響を与え、男性機能が低下した状態で産まれてしまうとも言われており、妊婦さんに関しては触れる事も恐ろしい副作用が起きる事からも注意が必要だと言われているのです。女性の場合は、男性とは異なりプロペシアなどの医薬品を利用して治療を受ける事が出来ませんが、最近はHARG療法と呼ばれる薄毛の治療を利用する事で副作用などの不安も無く治療を受ける事が可能になっていますし、女性用の育毛剤を利用する事で頭皮環境を整えてくれて、育毛効果に期待が出来るものも増えています。

 

 

但し、育毛剤は長く使う事や個人差により育毛効果には違いが起きるのが特徴ですので、幾つかの育毛剤を試してみる事が治療の効果を高めるコツと言えます。尚、HARG療法と言うのは男性型脱毛症(AGA)(AGA)、女性のびまん性脱毛症(FAGA)など薄毛の種類に関係なく治療効果を高められると言いますし、副作用が起き難いため、薄毛で悩む人にとって安心出来る治療法でもあり、HARG療法は注目されている治療の一つでもあるのです。

 

 

頭皮に直接HARGカクテルを注入するという治療法になるのですが、このHARGカクテルには発毛促進に役立てられる様々な成分が含まれている事、成長因子により発毛を促せる効果を持つ成分が含まれていること、髪の毛を育てるために必要な各種ビタミン、ミネラル成分などが豊富に含まれているなどの理由からも発毛の確率が高くなると言われているのです。尚、このHARGカクテルと言うのは医薬品のように1つだけではなく、専門医による配合などが行われ、薄毛に悩む患者さんの状態や身体の調子などに応じて配合が行われるのが特徴なのです。